ニュース詳細


2012年10月22日

岡山県の電池メーカーが鳥取市に進出

岡山県に本社があり、電池などを製造する「アロイ工業」が鳥取市と若桜町に進出することになりました。22日知事公邸でアロイ工業の下井谷良信会長と鳥取県の平井知事、鳥取市の竹内市長、そして若桜町の小林町長が協定に調印しました。「アロイ工業」は11月に若桜町内の小学校跡地に研修開発センターを開設し、来年6月には鳥取市河原町にリチウムイオン電池の製造工場が完成予定です。初年度は計130人を地元で採用します。製造開始は来年9月、3年後の27年度には90億円の売り上げを見込んでいます。
一覧へ戻る